ベストな外貨両替方法「海外キャッシングの解説記事」はこちら

【全12通貨】外貨両替の手数料を徹底的に比較した結果を発表!

海外旅行や留学、出張など、出国する日本人は年間1700万人以上と言われています。
外国へ行く度に「両替どこでしようかな?」と悩む人も多いのではないでしょうか。

一度その疑問について調べてみたいと思い、今回、外貨12通貨を5万円ほどを両替した場合、「どこで両替するのが一番お得なのか」調査してみました。

日本の空港や銀行、金券ショップ、海外の空港まで、とにかくたくさんの両替所で調査を実施。

その調査結果で明らかになったのは、アジアの通貨と欧米の通貨では、明らかに傾向が違うということ!

ここでは、お得さや利便性を考えて総合的に最もおすすめな両替方法を、アジア・欧米別でランキング形式にてご紹介します。

アジア(台湾ドル、韓国ウォン、タイバーツなど)でお得な外貨両替方法は「海外キャッシング」

今回アジア地区で調査したのは以下の7通貨です。

調査したすべての国でクレジットカードは使えますが、屋台や小さい露天など、現金しか使えない場所も少なくありません。
観光を楽しむなら、現地のマーケットや屋台での食事や買物など楽しみたいですよね。

それでは、当サイトがおすすめする、アジア地区のお得な両替方法Best3を発表します。

第1位 海外キャッシング(現地ATMで両替)
第2位 現地空港で両替
第3位 金券ショップ

【第1位】海外キャッシング(現地ATMで両替)

アジアの通貨の両替は、海外キャッシングが一番手軽で手数料も安くておすすめです。

海外キャッシングとは、現地にあるATMでクレジットカードを使って現金を出金する方法です。
ATMにVISA(PLUS)やMaster(Cirrus)のマークが付いていれば、簡単にできます。

カードの国際ブランドが定めるレートに、ATM手数料と金利を加えた金額が、カードの支払日に引き落とされます。

海外キャッシングの総コスト 各国の通貨のレート+ATM手数料(~200円)+金利

今回調査したアジアの7通貨において、海外キャッシングは常に上位にランキングしていて、特にフィリピンではダントツの1位でした。

空港の両替所と比べるとかなり安い上に、手軽に両替できるので、総合的に見ると一番おすすめです。

海外キャッシングで両替するメリットと、デメリットについてまとめました。

海外キャッシングのメリット
  • 手軽に必要な分の現金がお得に引き出しできる
  • アジアにはコンビニなどにATMが多いので海外キャッシングしやすい
  • いつでもATMでキャッシングできるから、大金を持ち歩く必要がなく安心
  • 使う分だけ両替できるので、外貨を余らせずに済む
海外キャッシングのデメリット
  • 日本語対応不可のATMでは、英語か現地言語での利用となる
  • 1回利用ごとに海外ATM手数料(100円~200円)がかかる
海外キャッシングには、REXカードがおすすめ

REXカードなら、通常のクレジットカードでは利用1回ごとにかかる海外ATM手数料が無料です。

無料で損した気分にならないので、回数を気にせず気軽に下ろせるというのもポイント。

さらに為替レートがVISAやJCB、AmericanExpressよりも安定して安いMastercardということもメリットです。

REXカード

5,000円分のポイントプレゼント中

REXカードがおすすめの理由や海外キャッシングのメリット・利用方法については、以下の記事で詳しく解説しています。

海外ATMで現金引き出しできるお得な両替方法「海外キャッシング」

エポスATMが近所にある方は「繰上返済が無料で簡単」「初回30日利息無料」のエポスカードもおすすめです。

【第2位】現地空港で両替

おすすめ第2位が、現地の空港両替所での両替です。

今回調査したアジア7通貨のうち、現地空港の両替レートが確認できたのは以下の5通貨です。

調査した空港
仁川国際空港(韓国ウォン)/台湾松山空港(台湾ドル)/上海浦東空港(中国元)/バンコク・スワンナプーム空港(タイバーツ)/シンガポール・チャンギ国際空港(シンガポールドル)

現地空港での両替はどの通貨もかなりお得で、特に日本の空港で両替した場合よりもかなり安い結果となっていました。

空港での両替は、ほとんどの場合が両替所に置いてある用紙にいくら両替したいか記入して窓口に提出するだけで、会話もせずに両替できます。
仮に会話が必要だとしても、空港なら英語が通じるので安心です。
街や場合によってはホテルの両替所でも、ぼったくられる可能性がありますが、空港ではまずぼったくられることもありません。

それでは、現地空港両替所での両替のメリットとデメリットをまとめます。

渡航先の現地空港で両替するメリット
  • 観光前に現金が用意できる
  • 手数料が安くぼったくられる心配もない
  • 現地言葉が分からなくても英語が通じるので安心
渡航先の現地空港で両替するデメリット
  • 両替所が混んでいる事が多い
  • 両替所の対応が遅くイライラすることもある
  • 早朝や深夜便などで到着した場合、開いている両替所がない、もしくは少ない可能性がある

【第3位】金券ショップ

アジア通貨の両替でお得な方法を調べた結果、金券ショップは意外にも上位を占めました。
※フィリピンペソだけは金券ショップでの取り扱いがほとんどなく、調査できませんでした。

調査した金券ショップは東京(新宿・渋谷)を中心に大阪(難波)まで、メジャーな金券ショップです。

一概にこの金券ショップがお得!と特定することは難しいですが、大手金券ショップの「アクセスチケット」や「ドルレンジャー(チケットレンジャー)」などは相対的に安く、「大黒屋」は手数料が高い傾向にありました。

ただ、金券ショップは在庫が少なく、何万円も両替することが現実的には難しいというのが致命的なデメリットです。

それでは、金券ショップでの両替におけるメリットとデメリットです。

金券ショップで両替するメリット
  • 渡航前に現金を用意できる
  • 他の両替方法と比べると手数料が安いのでお得な事が多い
金券ショップで両替するデメリット
  • 両替通貨の在庫が足りない、または売り切れている可能性がかなりある
  • 取り扱い外貨の種類が少ない
  • わざわざ店舗まで行く時間と手間がかかる

【番外編】アジアの通貨は、日本の空港で両替するのは損!

今回調査したアジア通貨については、日本の空港で両替するのはかなり損な事が分かりました。

5万円前後の両替で、現地空港での両替所と比較すると、どの通貨も1,500円以上、通貨によっては5,000円以上も高い結果でした。

アジア通貨の両替で日本の空港の両替所を利用するのは避けた方がよさそうですね。

欧米(米ドル、ユーロ、英ポンドなど)でお得な外貨両替方法も「海外キャッシング」

続いて欧米で調査したのは以下の5通貨です。
※オーストラリアドルも欧米として調査

両替手数料を比較した各通貨の記事
米ドルユーロ豪ドル英ポンドカナダドル

欧米の通貨も、約5万円ほどを両替した場合で比較しています。

それでは早速、当サイトでおすすめの両替方法Best3を発表します。

第1位 海外キャッシング(現地ATMで両替)
第2位 日本の空港の両替所
第3位 三菱UFJ銀行

【第1位】海外キャッシング(現地ATMで両替)

欧米通貨も、総合的に見ると海外キャッシングが一番おすすめです。

今回の調査では、どの通貨も海外キャッシングは比較的安いレートで両替できていました。
さらに、欧米ではアジア以上にクレジットカードが使えますので、それほど事前に大金を用意しなくても良いことを考えると、必要な分だけ必要な時にキャッシングするほうが便利でおすすめです。

アジア通貨と重複する部分が多いですが、海外キャッシングのメリットとデメリットです。

海外キャッシングのメリット
  • 手軽に必要な分の現金がお得に引き出しできる
  • ATMが街の至るところにあるので、いつでもキャッシング可能
  • 大金を持ち歩く必要がなく安心
  • 使う分だけ両替できるので、外貨をたくさん残さずに済む
海外キャッシングのデメリット
  • 深夜は、24時間使用できるATMを探す必要がある
  • 1回利用ごとにATM手数料(100円~200円)がかかる

【第2位】日本の空港の両替所

第2位としておすすめしたいのが、誰でもよく利用する成田空港や羽田空港での両替です。

アジア通貨と逆で、欧米通貨に関しては日本の空港で両替した方が得という結果でした。

今回調査・比較したのは、成田空港にある両替所と以下の3空港です。

調査した空港
ハワイ・ホノルル空港(米ドル)/フランス・シャルル・ドゴール空港(ユーロ)・メルボルン空港(オーストラリアドル)

どの外貨も、現地空港より成田空港のほうがかなり安かったです。
一番差があったのはユーロで、5万円ぐらいの両替でフランス・シャルル・ドゴール空港よりも成田空港の両替所のほうが8800円も安い結果でした。この差はびっくりですね。

それでは、日本の空港での両替のメリットとデメリットのまとめです。

日本の空港の両替所で両替するメリット
  • 日本語で安心して両替できる
  • 出発までの空き時間で余裕を持って両替ができる
日本の空港の両替所で両替するデメリット
  • 空港内の両替所によってレートに差があり、最安の両替所を探すのが少し手間

【第3位】三菱UFJ銀行

第3位は、街にある三菱UFJ銀行での両替です。

今回調査したカナダドルを除く5通貨では、空港の銀行系両替所や他の銀行よりも安い結果となりました。

空港の両替所よりも安いのに3位としたのは、ドルやユーロのような欧米の通貨を日本国内で両替する場合、安いといっても数パーセントの差しかないということが理由です。

長期旅行や留学など、ある程度まとまったお金を両替する場合は、数パーセントでも金額が大きくなるので特におすすめです。

三菱UFJ支店で両替するメリット
  • メジャー通貨は少し安く両替できるのでお得
  • 旅行前に外貨を準備できる
  • 駅前など便利な場所にある事が多い
三菱UFJ支店で両替するデメリット
  • カナダドルなど取り扱いがない通貨もある
  • 銀行なので早く閉まる
  • 場所と時間によってはかなり混む

【番外編】欧米の通貨は、現地空港で両替したら損をする

第3位でも出てきましたが、今回の調査では、欧米の通貨に関しては、現地の空港に着いてから両替するとかなり損、と言うことが分かりました。

海外旅行をする際、空港で両替しようと思っている人は多いと思います。
欧米通貨を空港で両替するなら必ず日本の空港で、と覚えておいてくださいね。

外貨両替の手数料比較まとめ

では、外貨両替手数料の比較レポート結果をまとめましょう。

クレジットカードを使った海外キャッシングはどの国でも万能

海外キャッシングの手数料は、どの国でもかなり割安でした。

旅行中にいつでもATMでお金を引き出せるので、手軽さという点でも優秀です。

「両替した外貨を使い切れず余ってしまう」そして「余ったお金でムダにたくさんお土産を買う」というのは海外旅行のあるあるですよね。

海外キャッシングという技を覚えておけば、旅行中に現金が足りなくなる心配がなくなります。

空港で多くのお金を両替しすぎて、使い切れず余らせてしまうということもなくなりますよ。

キャッシングに使うクレジットカードは、海外ATMの何回使っても手数料が無料のREXカードがお得です。

アジアは現地の空港で、欧米は日本の空港で両替しましょう

空港での両替については、以下のような法則が発見できました。

  • アジアでは、現地空港の両替所の方が、日本国内の両替所よりも安い
  • 欧米では、日本国内の両替所の方が、現地空港の両替所よりも安い

これだけでも覚えておくと、外貨に両替するとき損をせずに済みますね。