ベストな外貨両替方法「海外キャッシングの解説記事」はこちら

海外ATMで現金引き出しできるお得な両替方法「海外キャッシング」

現地通貨に両替するのに空港の外貨両替所を使う人は多いですが、実は便利でお得なのはクレジットカードを使った海外キャッシングです。この記事では、海外キャッシングのメリットとおすすめのクレジットカード、利用方法・繰上返済方法を紹介します。

海外キャッシングの3大メリット

まずは、クレジットカードで海外キャッシングをするメリットを紹介しましょう。

とにかくお得に現金を引き出しできる

海外キャッシングの最大のメリットは、何よりもお得ということです。空港の両替所で両替したら、レートが思ったよりも悪くてガッカリしたことはありませんか。

12通貨の両替手数料比較でわかったように、クレジットカードの海外キャッシングは空港にある両替所よりもレートがはるかに安いです。手数料の代わりに金利は発生しますが、後ほど解説する繰上返済を使えば、ほとんど利息をかけないことも可能です。

空港や観光地以外でも両替できる

到着空港の両替所で現地通貨を準備する人は多いので、到着便が重なる時間帯は長蛇の列で、なかなか両替できません。ATMなら空港には必ずありますし、両替所のように混雑することはないので、スムーズに海外キャッシングができます。

空港以外でも、海外キャッシングはストレスなく利用できます。両替所は空港以外では観光地ぐらいにしかなく、地方都市などにはほとんどありません。

一方、海外キャッシングに必要なATMは、街中やショッピングセンター、田舎にも必ず1台は設置されています。特に田舎ではクレジットカード払いができない可能性が高いので、すぐに現金を調達できるATMがあるのは、大きなメリットです。

両替しすぎる心配なし

海外でお金をたくさん両替しすぎて、無駄にお土産を買ったり、使い切れなかった経験はないでしょうか。

海外キャッシングなら、いろいろな場所のATMでこまめにお金を調達できるので、現地通貨が余ってしまう心配がありません。

市街地のATMは24時間営業のところも多いので、深夜や休日に現地通貨が欲しい場合も助かります。

また、必要以上のお金を持ち歩く必要がなくなるので、紛失・盗難対策にもなりますね。

海外キャッシングは初回30日間利息無料の「エポスカード」がおすすめ

海外キャッシングするのに特におすすめなのが、「エポスカード」です。

エポスカードのおすすめポイントを紹介しながら、海外キャッシングのコストについて解説していきましょう。

海外キャッシングを利用する際のコストの内訳は、以下の3つがあります。

キャッシング利用金額 VISA・Mastercardなど各国際ブランドが定める為替レートで計算される。両替所よりかなり割安で良心的。
海外ATM手数料 海外ATMを利用する度にかかる手数料。ほとんどのカード会社は100円または200円(税別)。
利息 ほとんどのカード会社で年利18%。繰上返済することで少なくできる。

この3つの合計金額が、指定の返済日にカード払いと同じように引き落とされるということになります。

エポスカードなら海外キャッシングの利息が無料!

海外キャッシングをして利息が発生しないクレジットカードはエポスカードだけ。

30日以内の返済なら実質ATM手数料だけで済むんです。

利息(初回利用時) 0円
海外ATM手数料 216円
合計 216円

海外キャッシングのコストが税抜200円は安いですよね。

初回利用じゃなくても、全国のエポスATMで手数料無料で繰上返済ができるので、最小限の利息で済むことができます。

海外キャッシングを利用することで、両替しすぎを防ぐこともできますよ。

繰上返済で利息を少ない金額に抑えよう

海外キャッシングも通常のショッピングと同様に、支払い日に口座振替で引き落とされるのが一般的です。

ただ、海外キャッシングの支払いを口座引き落とし日まで待っていると、日割り計算の利息がかさんでしまいます。

それでも空港の両替所の手数料と比べたら全然安いものなのですが、繰上返済という手続きをすれば利息を抑えることも可能です。

  3万円利用 5万円利用
30日間で返済した場合 443円 739円
7日間で繰上返済した場合 103円 172円

エポスカードの繰上返済手順

エポスカードは面倒な手続きを一切することなく繰上返済をすることができます。

まず、一般的な繰上返済は以下の通りです。

  1. 海外キャッシングの利用明細が反映されていることをネット上で確認
  2. カスタマーセンターに電話して、振込先口座と返済総額を教えてもらう
  3. 銀行振込して繰上返済完了

これだと手間も振込手数料もかかりますよね。

でもエポスカードなら、全国150ヶ所以上あるエポスATMで事前連絡なしの全額繰上返済ができるんです。しかも手数料無料。

エポスATMが近くにない場合でも「返済方法をリボ払いに変更」という手続きをすれば、コンビニATMで簡単に繰上返済ができちゃいます(紙幣のみ)。

またペイジー(ネットの銀行振込)にも対応しているので、ATMまで行かなくても繰上返済することもできますよ。

海外キャッシングする方法は、とても簡単

  「クレジットカードの海外キャッシングって難しいんじゃないの?」と思っている人もいるでしょうが、そんなことはありません。銀行のキャッシュカードでのお金を下ろし方と、基本的には変わりありません。

操作方法が不安な方は、VISAのホームページに動画やイラストのわかりやすい説明があるので確認してみてください。いくつかの英単語を覚えておいてボタンを押すだけなので簡単です。

まずは国際ブランドに対応したATMを探そう

クレジットカードの主な国際ブランドには、「VISA」「MasterCard」「JCB」「ダイナース」「アメックス」がありますが、アメックスは海外キャッシングができません。残りの4つのクレジットカードも、ATMに以下のようなステッカーが貼ってあるかを確認しましょう。

国際ブランド ステッカーの種類
VISA VISAまたはPLUS
MasterCard MastercardまたはCirrus
JCB JCBまたはCirrus
ダイナース Diners ClubまたはPulse

海外キャッシングは簡単8ステップ

自分のクレジットカードが対応しているATMを見つけたら、以下の手順で海外キャッシングを行ってください。

  1. クレジットカードを挿入する
  2. 言語を選択する
  3. 暗証番号を入力する
  4. 取引内容で「WITHDRAWAL」(引き出し)を選択する
  5. 口座の種類で「CREDIT」を選択する
  6. 引き出したい金額を入力・選択する
  7. クレジットカード・現金・明細書を受け取る
  8. 「操作を継続しますか?」の問いに「NO」を選択し、初期画面に戻ったことを確認する

ATMによって、

  • 表面を上に挿入する
  • 裏面を上に挿入する
  • 挿入したらすぐに引き抜く
  • 磁気ストライプ部分をスライドさせる

など挿入方法が異なるので、しっかり確認しましょう。海外のATMは自動的に初期画面に戻らない場合が多いので、初期画面に戻ったことを確認してから立ち去ってください。

海外キャッシングができないケース

以上のような手順をたどっていけば海外キャッシングは基本的に可能ですが、中にはどう頑張っても海外キャッシングができないこともあります。そんな場合は、以下の可能性を検討してください。

アメックスのクレジットカードは海外キャッシング不可

先ほども説明したように、アメックスのクレジットカードは海外キャッシングができません。「セゾンパール・アメックス」の場合、日本国内であればセゾンカードのステッカーが貼ってあるATMでキャッシングが可能ですが、海外ではセゾンカードのステッカーが貼ってあるATMがありませんので、海外キャッシングができません。

事前申し込みをしていない

海外キャッシングをする際に、事前申請を必要とするクレジットカードもあります。「三井住友VISAカード」の場合、事前に海外キャッシュサービスの利用枠設定を行なわないと、海外キャッシングができません。利用枠設定には収入証明書類の提出が必要なため、出発前に済ませておきましょう。

キャッシング機能がないクレジットカード

クレジットカードの中には、そもそもキャッシング機能がないクレジットカードもあります。「ビックカメラSuicaカード」(JCBブランド)などが該当し、そもそもキャッシング機能がないカードのため、国内外を問わずキャッシングができないショッピング専用カードです。

キャッシング枠が足りない

海外で利用可能なキャッシング枠があっても、足りなければそれ以上の利用はできません。20万円のキャッシング枠を使い切ってしまったら、それ以上は使えません。また、

  • ショッピング枠:50万円
  • キャッシング枠:20万円
  • 総利用枠:50万円

のクレジットカードの場合、ショッピングで40万円使っうと総利用枠の残りが10万円しかないので、キャッシング枠に20万円の余裕があっても、実際には10万円しか海外キャッシングできません。

ATM・クレジットカードに問題がある

現地ATMやクレジットカードに問題があると、海外キャッシングが利用できません。海外のATMは日本よりも故障している可能性が高いため、そういったATMは利用せずに他を探した方が良いでしょう。

クレジットカードの有効期限が切れている場合は海外キャッシングを利用できませんし、クレジットカードの磁気ストライプが異常を起こしたり著しく劣化したりしていても、海外キャッシングが利用不可です。

カードの延滞をしている

クレジットカードの支払いを延滞していると、利用停止措置が取られて海外キャッシングが利用できません。当該クレジットカード以外のカード、または消費者金融のカードローンを長期延滞していても、当該クレジットカードがとばっちりを受けて利用停止に追い込まれる可能性もあるため、きちんと返済しましょう。

海外でお金を下ろすなら、便利でお得な海外キャッシング

海外キャッシングは、時間と場所を問わず現地通貨を用意でき、両替所などよりも為替レートがお得です。

海外キャッシングでは元金以外にも利息や手数料を返済する必要がありますが、初回30日無利息&繰上返済が簡単なエポスカードなら低コストで利用することができます。

海外キャッシングは便利で安全、そしてお得なので、注意点にさえ気を付ければお得な海外旅行の助けとなること間違いなしです。